カスピ海ヨーグルト・作り方・増やし方

スピ海ヨーグルト種菌

カスピ海ヨーグルトの作り方(増やし方)を紹介

カスピ海ヨーグルトの作り方(増やし方)を紹介致します。

種菌を購入してカスピ海ヨーグルトを作っていく方法もありますが、
種菌はイオンで購入すると1000円近くもしますし、
ネットで購入すると送料の問題で割高になったりする場合もありますので、
ここでは近所のスーパーで簡単に購入できる、
フジッコのカスピ海ヨーグルトを使用して作っていく方法を紹介いたします。

 

<用意するもの>
カスピ海ヨーグルト(200cc)
無調整の牛乳(500cc)
耐熱容器
スプーン


カスピ海ヨーグルト準備

 

容器とスプーンはあらかじめ、煮沸消毒をしておきます。
(100度のお湯に1分半程度)
ヨーグルトを増やしていく過程で雑菌は大敵なので。


容器を煮沸
容器を煮沸

 

 容器に牛乳を入れる
(牛乳は無調整牛乳を使用します。調整乳は発酵しないので

 

容器に牛乳を入れる

 

 牛乳をレンジで1分半程度温める
(ヨーグルトの発酵を促す為に。夏は冷たいままでも十分です。)

 

牛乳をレンジであたためる

 

 カスピ海ヨーグルトを入れて混ぜる

 

カスピ海ヨーグルトを入れる
カスピ海ヨーグルトを混ぜる

 

 ティッシュをかぶせて輪ゴムでとめる
(ヨーグルト菌は生き物なので蓋はしません)

 

カスピ海ヨーグルトにふたをします。

 

以上がカスピ海ヨーグルトの作り方です。
(後は保管をするだけです。)
非常に簡単でしたよね?

 

カスピ海ヨーグルトをタオルでくるむ

 

保管に関しては、
夏は容器を適当な場所に置いておくだけで1日程度で発酵をして完成!
冬場は2日程度日にちがかかるようです。
(カスピ海ヨーグルトは、20度以上で発酵をします。)

 

よって、冬は容器にタオルを巻いて温かい場所に置いて置くのがいいですが、
私の家は基本的にストーブを使わないので、
(このヨーグルトを作った時期は2月で、室内温度は10度程度)

カスピ海ヨーグルトがちゃんとできないと困るので、
タオルを巻いて、発砲スチロールの中に入れてみました。
(さらにカイロを入れてみるのもいいと思います。)

 

ちゃんとできるかなぁ?(ちょっと心配)

 

(続く)
矢印発酵2日目の様子はこちら