カスピ海ヨーグルト・菌・働き

スピ海ヨーグルト種菌

カスピ海ヨーグルトに存在する菌とそれぞれの働き

カスピ海ヨーグルトに存在する菌とそれぞれの働きを紹介します。

 

カスピ海ヨーグルトの存在する主な菌は、

クレモリス乳酸菌」「アセトバクター酢酸菌」の2種類です。

それぞれの働きは?

クレモリス菌

 

クレモリス菌は、生きたままの状態で腸にまで届く乳酸菌です。

 

いわゆるプロバイオティクス乳酸菌です。(人間の体によい影響を与えてくれる微生物)

 

食べ続ける事によって
私たちの体に様々なよい影響を与えてくれる働きがあります。
(キムチや糠漬けや味噌もクレモリス菌が多く含まれています。)

 

アセトバクター酢酸菌

 

アセトバクターは、私たちの体と言うよりも、
クレモリス菌に対してよい働きをしてくれる菌です。

 

具体的な働きは、

 

矢印クレモリス菌が酸素に触れないようにする

 

矢印クレモリス菌が作り出す乳酸を適度に食べてくれる

 

(アセトバクターがないと自ら作り出した乳酸によってクレモリス菌がすべて死滅してしまいます。
つまり出来上がったカスピ海ヨーグルトをまた種菌として利用できるのは、
アセトバクターのお蔭なのです。)

 

 

矢印カスピ海ヨーグルト手作り用種菌」1,000円(税込)+送料無料